本文へスキップ

非営利活動法人 日本ラクテーション・コンサルタント協会の公式ホームページです。母乳育児支援にかかわる専門家のための非営利団体です。

地方学習会・勉強会(JALC後援学習会)LOCAL SEMINAR

  9月 | 10月 | 11月

第4回 子育て支援の視点から学ぶ 母乳育児支援学習会 in 大阪

今年の近畿学習会では昨年の学習会アンケートで希望の多かった内容をテーマにしました。全て初演です。
倫理と責任については、「IBCLCの職務行動規範」を参考に、母子を支援する全ての方にお伝えしたい内容です。お知り合いの方もお誘いあわせのうえ、多くの方のご参加をお待ちしております。

【プログラム】
 開会の挨拶・オリエンテーション  
 赤ちゃんとお母さんを支援する人が知っておきたいこと
~ケアに関わる倫理と責任について~ 
 瀬尾 智子
(小児科医・IBCLC)
母親が自信を持って母乳育児ができるように
~母乳育児は十人十色
西垣 敏江
(LL.B,IBCLC)
赤ちゃんとお母さんを支援する人が知っておきたいこと
〜生後1か月ごろまでの赤ちゃんについての生理と
   医療的ケアを必要とするものについて~         
瀬尾 智子
(小児科医・IBCLC)
閉会の挨拶


【と き】2018年9月2日(日)11:20~16:45(10:50~受付開始)
【ところ】公益財団法人 聖バルナバ病院 5階コミュニティホール 
     大阪市天王寺区細工谷1丁目3-18

【対 象】母乳育児支援に関心のある方はどなたでも
【事前申し込み・振込み期間】 2018年6月9日(土)~8月20日(月)まで
【参加費】事前申し込み 4500円    当日申し込み 5500円
【継続教育単位】1.0E-CERPs 3.0L-CERPs
【申し込み方法】インターネットの“こくちーずプロ”からお一人ずつお申し込みください。
       参加者のお名前(フリガナとローマ字表記)、住所、電話番号、メールアドレス、
       JALC会員の有無、所属、職種、お子様連れの有無
        Kinki0902kinki@yahoo.co.jpからのメールを受け取れるように設定をお願いします。
【問合わせ先】母乳育児支援を学ぶ近畿教室 Kinki0902kinki@yahoo.co.jpで受け付けます。

=====
主催:母乳育児支援を学ぶ近畿教室
後援:NPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会

第10回母乳育児支援を学ぶ甲信越教室in新潟

今回の甲信越教室は、「切れ目のない育児支援をめざして!明日からの支援に役立つ根拠とスキルを学ぼう」と題し、豪華講師陣による参加型講義、あらゆる支援の場面ですぐに役立つ実践的な内容をお届けします。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

【プログラム】
9:15 開場  9:50 開会あいさつ
10:00~11:30 「きれめのない母乳育児支援とは~施設から地域へ~」渡邊和香氏(助産師・IBCLC)
11:40~12:40 「補足の適応と混合栄養の場合の支援」滝島茂氏(小児科医・IBCLC)
13:40~14:25 「高年初産のお母さんへの援助」渡邊和香氏(助産師・IBCLC)
14:35~16:05 「コミュニケーション・スキルを用いた母乳育児支援
  ~高齢初産で混合栄養のケースを通して学ぶ~」黒澤かおり(助産師・IBCLC)
16:05 閉会あいさつ・アンケート・継続教育単位発行
16:30 終了

【と き】平成30年9月9日(日)9時50分-16時30分(開場9時15分)
【ところ】新潟医療人育成センター 4Fホール
     (新潟市中央区旭町通一番町757・新潟大学旭町キャンパス内)

【対 象】育児支援に興味のある方であれば資格は問いません。どなたでもご参加いただけます。

【事前申込期間】9月3日(月)24:00まで
【参加費】事前申込6,000円 当日申込7,000円 学生2,000円(当日学生証提示)
【継続教育単位】4.75LCERPs
【申し込み方法】
・下記QRL参加フォームからお申込みいただけます 
・FAX、メールでのお申し込みは、025-281-1281、niigata_breastfeeding@outlook.jpまで

  

【問合せ先】
第10回母乳育児支援を学ぶ甲信越教室in新潟 実行委員会 niigata_breastfeeding@outlook.jpまで

=====
主催:母乳育児支援を学ぶ甲信越教室in新潟
後援:NPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会
   公益社団法人新潟県助産師会
   公益社団法人新潟県看護協会

母乳育児支援を学ぶ北関東教室2018


【プログラム】
NICUでの母乳育児(新講演) 村瀬正彦(新生児科医・IBCLC)
母体合併症と母乳育児(再講演) 田中奈美(産婦人科医・IBCLC)
「ほら!おっぱいのめるでしょ!」
〜母乳育児の基本を赤ちゃんの視点で見てみよう(再講演)
菅原光子(助産師・IBCLC)
ご注意:同じ講演は継続教育単位としてはカウント出来ません。聴講すること自体は問題ありません。

【と き】2018年9月24日(月・祝) 10:30~15:30(開場 9:45)
【ところ】川口総合文化センターリリア11階 大会議室(JR川口駅西口徒歩1分)
     埼玉県川口市川口3丁目1−1  http://www.lilia.or.jp/info/access.html
     交通アクセス
      電車:東京駅からJR京浜東北線で約27分
          新宿駅からJR埼京線~赤羽駅乗り換え~JR京浜東北で約17分
          大宮駅からJR京浜東北線で約20分
       お車:駐車場(地下1・2階)いつも空いていますがやや高く割引なし。
          収容台数:155台 利用料金:30分/200円

【対 象】母乳育児支援に関心のある方ならどなたでも
【定 員】140名
【継続教育単位】3.-L CERPs認定
【事前申込期間】 8月1日(水)~9月10日(月) (定員に達した場合中途でも締切ることがあります。)
【参加費】事前申し込み 4,000円 当日参加 5,000円
 払い込み期限は、9月17日(月)まで。期限までに振込がない場合は当日参加扱いとなります。
 参加費払い込みをもって、申し込みとさせていただきます。また振り込み通知が遅れることがあるので、
 振り込み証を当日ご持参ください。
【託児/昼食】
 今回は、親と離れることのできる1歳から5歳までのお子さまの有料託児を予定しています。います。定員5名程度(年齢により変わります)と少人数なので、まず学習会申し込みの前に下記宛申し込みいただき、可能かどうかを先に確認することをお勧めします。
 有料託児申し込み先:qwt06700@nifty.ne.jp タイトルに【有料託児申し込み】本文に、お子さまの人数,年齢、男女別、緊急連絡先を記載の上申し込んで下さい。託児の可否、持参物品、注意点についてお返事しますので,PCからの返信が受けられるよう設定しておいて下さい。託児料金は4000円(お一人につき)で、残りは主催者が負担します。
授乳中で離れられない1歳以下のお子さま連れでの参加の方は、従来通り会場の一部のマットを敷いた場所をご利用ください。
 会場は食事もちこみ飲食可ですが、空容器はお持ち帰りください。近隣に食事場所やコンビニあり。

【申し込み方法】https://kokucheese.com/event/index/527898/ より
振込先などを記載した返信メールが送付されますので、参加費等の振込みをお願い致します。申し込み後返事(自動送信)がないときは,申し込みサイトのお問い合わせ窓口からその旨連絡下さい。
※申し込み時に携帯アドレスを登録される方は、PCからのメールを受信できるように設定するか、@kokucheese.com からのメールを受信できるよう設定して下さい。
※入金後のキャンセル及び当日欠席の方は、資料の郵送のみ資料の郵送のみとなり、参加費の返却はありません。他の方の代理参加は可能です。

【問合せ先】
母乳育児支援を学ぶ北関東教室 bonyuikuji.gakusyu.saitama★gmail.com(★を@に変更して)

=====
主催:母乳育児支援を学ぶ北関東教室
後援:NPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会

第7回 北海道母乳育児学習会


【講演内容】講 師:水野克己(小児科医・PhD・IBCLC) 
9:00  開場・受付開始
9:25 開会
9:30~11:00 母乳育児を支援するために必要な基礎知識
11:10~12:40 経口哺乳の評価と支援―効果的に母乳を飲みとれるためにー
12:40~13:30 昼食休憩
13:30~15:30 乳房、乳頭の痛みの評価と解決
15:30~15:35 閉会 継続教育単位(CERPs)の発行予定、アンケート回収
(昭和大学江東豊洲病院 母乳育児支援セミナー 認定番号 JC16050  2017年3月20日の再講演)

【と き】2018年11月11日(日)9:25~15:35
【ところ】札幌市医師会館 大ホール(5階)(札幌市中央区大通西19丁目1)
     https://www.spmed.jp/12_ishikai/html/02_gaiyou.html
     地下鉄東西線「西18丁目」駅下車 1番出口から出てすぐ右手
【対 象】母乳育児を支援する専門職(医師、保健師、助産師、看護師、薬剤師、栄養士、保育士等)をはじめ、
     学生、母乳育児支援リーダー、母親、その他母乳育児に興味のある方であれば、どなたでも参加できます。

【定 員】150名 
【参加費】一般 事前申し込み  7,000円  当日申し込み 8,000円
        学生  事前・当日とも 3,500円(当日学生証をご提示ください)
        ※当日申し込みで資料が不足した場合は、後日お送りします。

【締め切り】 事前申し込み期間 : 9月3日(月)~10月19日(金)
       振込締め切り :10月23日(火)
      *参加費の入金確認をもって事前申し込みが完了となります。

【申し込み先・申し込み方法】
 「北海道母乳育児学習会申し込みメールフォーム」 http://www.jalc-hokkaido.net/
                                
 ※パソコンかスマートフォンでメールフォームにアクセスしてお申し込みください。
 ※申し込み後、「申し込み受付確認書」が自動返信メールで送られます。 
 ※パソコンからのメールを受信できるように設定するか、info@jalc-hokkaido.netを受信設定してください 

【お問合せ先】
  北海道母乳育児学習会 *メールinfo@jalc-hokkaido.net

=====
主催:北海道母乳育児学習会
後援:札幌市、NPO法人日本ラクテーションコンサルタント協会(JALC)

第8回 千葉母乳育児支援学習会


【プログラム】
 職場復帰と母乳育児      奥 起久子(新生児科医、IBCLC)
シンポジウム:産後ケアと「産後ケア事業」〜母乳育児支援の視点も含めて〜     
 基調講演;産後ケア事業について〜母乳育児支援の視点も含めて〜
               渡邊和香(助産師、IBCLC)
 千葉県の現状と今後の課題について
  報告「産後ケアの現状と未来」
               千葉県産婦人科医学会 医会長、愛育レディスクリニック院長 水谷敏郎氏
  報告「産科クリニックにおける産後育児支援」
               窪谷産婦人科助産師  小路和子氏       
  報告「病院での産後育児支援」
               船橋市立医療センター助産師  長岡幸江
  報告 「千葉市産後ケア事業<訪問型>〜受託助産所の実際例〜」
               千葉市訪問助産師  高橋佳子          
母乳育児に関する様々な通念から母親やスタッフを解放するためには?
   (相手の心にとどくコミュニケーションスキル)  高橋有紀子(小児科医、IBCLC)      
ご注意:全く同じ講演は継続教育単位としてはダブルカウントできません。
    職場復帰と母乳育児は新講演,母乳育児に関する様々な通念から母親やスタッフを解放するためには?
    は医師セミの再講演です。

【と き】2018年11月11日(日)10:00~16:30(開場 9:30)
【ところ】千葉中央看護専門学校 講堂   千葉市中央区南町1-8-1
     http://www.cckango-seikeikai.jp/info/access.html
【アクセス】JR京葉線・外房線・内房線 蘇我駅より徒歩5分
      京成千原線􏰁 千葉寺駅から徒歩7分
      駐車場あるが料金割引なし

【対 象】母乳育児支援に関心のある方ならどなたでも
【定 員】120名 
【継続教育単位】 5L-CERPs 認定

【受講料金】事前申込 5000円、当日参加 6000円
【申し込み方法】   https://chibabreastfeeding2018autumn.peatix.com/  より
  振り込み通知が遅れることがあるので、振り込み証を当日ご持参ください。期限までに振り込みがない場合は当日参加扱いとなります。定員に達した場合当日参加がなくなります。当日参加の有無はサイトよりご確認ください。早めの申し込みをお勧めします。
※入金後のキャンセル/欠席の場合は参加費の返却はありません。他の方の代理参加は可能です。欠席で資料集をご希望の方は、送付先をご連絡ください。
※申し込み後返事(自動送信)がないときは,申し込みサイトのお問い合わせ窓口から必ずその旨ご連絡下さい。
【お子さま連れ/昼食/展示販売】
託児はありませんが、会場の一部にマットを敷いて授乳中で離れることのできない小さいお子さま連れでの参加の便を図ります。
※ 会場では昼食の販売はありません。各自ご用意下さい。ゴミはお持ち帰り下さいますようお願いいたします。
※ 当日会場で2019年JALC授乳カレンダーおよびDVDおっぱい万歳(英語名:Breast is Best)日本語字幕つきを展示販売します。学習会特別割引価格です。

【お問合せ先】千葉母乳育児支援学習会 jalc.chiba.areabreastfeeding@gmail.com
=====
主催:千葉母乳育児支援学習会
後援:NPO法人日本ラクテーションコンサルタント協会(JALC)、一般社団法人 千葉県助産師会

第11回母乳育児支援を学ぶ東北教室


【講演内容】
周産期メンタルヘルスと母乳育児~コンセンサスガイド2017など最近の話題より~
   田中奈美(産婦人科医 IBCLC)
母乳だけで体重が増えない赤ちゃんへの援助
   山口直人(小児科医 IBCLC)

【と き】2018年11月23日(金・祝)13:00~16:15(12:30受付開始)
【ところ】仙台市歯科医師会館(宮城県仙台市青葉区国分町1丁目5ー1)
     ・JR仙台駅から徒歩20分 タクシー5分
     ・仙台市地下鉄 広瀬通駅から徒歩5分

【参加費】IBCLC会員  3000円 一般会員 4000円 学生 3000円
     ※継続教育単位 L-CERPS 3単位を予定しています。
     ※参加費は当日徴収させていただきます。お釣りのないようにご準備ください。

【申し込み方法】
 申し込み方法 https://ssl.form-mailer.jp/fms/00304d3d のフォームから。
 もしくは、tohoku_gakushukai@yahoo.co.jp から。

 ・件名「第11回学習会申し込み」
 ・氏名(フリガナ、ローマ字表記を併記)
 ・住所/連絡先電話番号/FAX番号/メールアドレス
  ※必ず連絡がつくところを記載してください。
 ・勤務先/職種/IBCLCの有無

【お問合せ先】
  touhokueria2013@yahoo.co.jp(※申し込み先とは違いますのでご注意ください。)

=====
主催:母乳育児支援を学ぶ東北教室
後援:NPO法人日本ラクテーションコンサルタント協会(JALC)