本文へスキップ

非営利活動法人 日本ラクテーション・コンサルタント協会の公式ホームページです。母乳育児支援にかかわる専門家のための非営利団体です。

地方学習会のJALC後援をご希望の皆様へ

後援申請のご案内

『地域の学習会開催における後援の細則』
JALCは、地域での母乳育児支援学習会の開催をバックアップしたいと考えています。
そのひとつとして学習会開催の「後援」を行います。

後援学習会は
・JALCウェブサイト、メールマガジン、ニュースレターなどで広告いたします。
・後援学習会の開催を考えているが、IBCLC会員が少なく、開催困難な場合
 講師派遣や、手伝いできる会員への呼びかけを行い、バックアップをいたします。

【後援の目的】
・各地での母乳育児支援学習会を後援することにより、科学的根拠に基づいたスタンダードな母乳育児支援を広める。
・支援者同士のネットワーク作りのきっかけとする。

【後援を受ける際の確認事項】
・主催者は非営利団体であり、学習会運営の責任を持つこと
・母乳育児を保護・推進・支援する学習会であること
・「母乳代用品のマーケティングに関する国際規準」が守られていること
・講演原稿は、IBLCEの単位がとれた原稿であること
・後援申請申し込みの際にCerps番号を記載する
・再講演は必ず原稿作成者本人が行うこと

【原稿のピアレビューについて】
・初演の場合のピアレビューは著者、もしくは学習会開催者が判断する
・ピアレビューを希望される場合は、著者自身でレビューァを選定するか、
 後援プログラムコーディネーター部門(担当:高橋有紀子)に相談することができる。
・対象が変わる原稿(医師向けの原稿を一般向けに講演するときなど)については、
 主に用語説明集の作成を行う。

【JALC後援の学習会資料集には】
・表表紙の裏面に以下の文章を記載すること
 『 この資料集の原稿は、著者個人の責任において作成され、
 JALCの見解を必ずしもすべて反映しているわけではありません。
 また学習会運営に関しては主催者の判断で行われおり、JALCは関与しておりません。
 お問い合わせは、著者並びに、後援学習会主催者にお願いいたします。』
・資料集末尾に「国際規準の要旨」「イノチェンティ宣言2005年版」
 「母乳育児成功のための10か条」「運動戦略の要旨」を掲載する。
 その際に『NPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会の承諾を得て、
 JALCウェブサイトからダウンロードし転載』の一文を明記すること。

【JALC後援の学習会開催日について】
・JALC定期学習会の再講演はその学習会開催から2ヶ月以上経過していること。

【申請方法と後援承認】 
・申し込みは主催者側で広報期間を考慮したうえで、
 まずIBLCEへ単位申請し、CERPS番号が発行されてから後援申請依頼をしてください。
・後援可否のお返事は1週間以内をめどにいたします。時間を要する場合はその旨をお知らせいたします。
・後援承認後、主催者に連絡いたします。
 JALC定期学習会原稿の再講演の場合はPDF原稿が事務局に保存されています。
 必要な場合は、主催者側より事務局に請求お願いたします。

【その他】
<後援を受けた学習会の広報活動について>
 ウェブサイト、メルマガ、ニュースレター掲載等については以下の手続きが必要になります。
 担当者へ直接ご連絡ください。
 ・ウェブサイト掲載:
    広報事業部後援学習会ウェブサイト担当へ連絡  祝(ほうり) bankaku★maroon.plala.or.jp 
 ・メルマガ掲載 (入稿締切日:毎月月末日、発行毎月10日) :
    JALCホームページ→「会員の方へ」タブ→「ibclc会員専用ページへ」→「メルマガ入稿フォーム」
 ・ニュースレター(3月、9月がめど) :
    広報事業部後援学習会ニュースレター担当へ連絡  小林 pedigreension★yahoo.co.jp
 
<学習会広報活動における特例について>
JALCの後援を受けていない学習会であっても理事会の承認が得られた場合には、メールマガジンにのみ学習会広報の掲載を認めることがあります。
その場合には、国際規準を遵守していること、営利目的ではないこと、十分な広報期間があることが広報依頼時の申請条件となります。

<後援申請に関するお問い合わせ>
学習会事業部後援申請担当 古賀 kogahaha222★yahoo.co.jp にご連絡をお願いします。

<後援学習会申請フォーム>
こちらから。
                                          【2014年5月12日現在】
                      ※メールでのご連絡の際は、★を@に書き換えて送信お願いします。